散々陰口を叩いているのに相手の前では仲良くする人の心理

仲が良さそうにしているのに本人のいないところはボロクソに陰口を叩く人。

特に女性に多いのではないでしょうか?

「嫌いな人とは距離を置きたい」と思う人から見たら、不思議な行動ですよね。

こういう人はどのような心理なのでしょうか?

いくつかのパターンがあるので紹介します。

嫌っているけど、探りを入れている。

自分が嫌いな人とうまくやっていくためにその人のことを知りたいという理由が考えられます。

もう1つの理由は陰口を叩くネタを仕入れるために仲良くしている可能性があります。

嫌っているけど、社交辞令として仲良くしている。

嫌いだからといって悪意を丸出しにすると仕事に支障をきたします。

仕事を円滑に進めるために本人の前では仲が良さそうにしている可能性があります。

また、学校では共通の友達がいると嫌いな相手を避けることができないので、上辺だけ仲良くしているのかもしれません。

嫌っているけど、相手からは好かれたい。

自分は相手を嫌っているけど、相手からは嫌われたくない。

また、周りの人からもよく見られたいから仲良くしている雰囲気を出したいのかもしれません。

嫌っているけど、相手が怖い。

嫌っているけど、相手が怖いので自分を守るため、自分が攻撃のターゲットにならないように仲良くしているのかもしれません。

嫌っているわけではないけど、陰口を叩くことがクセになっている。

その場のノリで陰口を叩いている。

陰口を叩くことがコミュニケーションになっているけど悪気はない。

陰口を叩くことが日常的になってる。

まとめ

まったく興味がない人には陰口は叩きません。

陰口を叩くのは、相手に興味がある証拠です。

それが好きという感情ならいいのですが、陰口を叩く人は相手を嫌っていることが多い。

しかし、裏表がない人はいません。

あなただってそうではないですか?

陰で何を言われようが、上辺だけでも仲良くしてるのならそれでいいではないですか。

職場では仕事に差し障りなければ、問題ないと考えましょう。