嫉妬から悪口を言う人の特徴:負けず嫌いですが勝てないので相手を引きずり下ろしたい。対処法:近づかない・相手にしない。


悪口を言う人の中には嫉妬から悪口を言う人もいます。

これは女性に多いと言ってしまうと性差別につながるので、感情で行動する人という表現にしておきます。

男性でも感情が言動のきっかけになる人は多いので、そういうタイプの人は嫉妬心から悪口に発展することが多くなります。

今回は嫉妬が原因で悪口を言う人の特徴や対処方法を考えてみましょう。

嫉妬から悪口を言う人の特徴

まずはどんな人が嫉妬から悪口を言うのかその特徴を考えてみます。

負けず嫌いな人

負けず嫌いな人は常に自分が一番でありたいと思っています。

その性格から自分より目立ったり、周囲から優秀だと思われたりしている人に対しては嫉妬心を抱く可能性が高くなります。

人はすべてのことに秀でることは難しいので、どんな優秀な人でも他人にかなわない部分は必ずあります。

しかし負けず嫌いな人は自分が他の人よりも劣っていることが許せません。

普通であれば自分が努力して相手よりも優秀になればいいのですが、あらゆる面で負けたくないため、現実的にはすべてに秀でることができません。

そのため手っ取り早く相手をおとしめるために悪口を言うのです。

ネガティブ思考な人

人の悪口を言っている人は積極的なイメージがあるので、あまりネガティブな性格には見えません。

しかし、行動は積極的ですが、考え方自体は決してポジティブとは言えないのです。

そもそもポジティブで明るい性格の人が、人の悪口を言いふらすことはありませんね。

悪口を言ったとしても仲の良い友達に対して、じゃれ合うような感じの軽い悪口でしょう。

一方でネガティブ思考の人は自分に自信がないことが多いので、自分にはないものを持っている人に嫉妬心を抱きやすいのです。
ネガティブな思考をするからこそ、実力で相手を超えてやろうとはせずに、相手を引きずり下ろそうと考えて悪口を言うのです。

悪口はたいてい相手がどうこうというよりも、自身の気にしていることだったり、嫉妬だったりしますよね。

つまり自分に自信のある人は、あまり人のことを言ったりしないものだと思います。

人の悪口って嫉妬してるから出るんですよね?邪魔だと思ってるから叩きのめしたいん… – Yahoo!知恵袋

嫉妬心が悪口に結びつく理由

他人に嫉妬をするというのはどんな人でも多少はあるはずです。

しかしほとんどの人はうらやましいと思ったり、自分もそうなりたいと思ったりすることはあっても、悪口にまで発展することはあまりありません。

嫉妬から悪口を言う人はどんな心理で悪口を言ってしまうのでしょうか。

悪口は嫉妬から生まれるものだと思いませんか。

言わなくてもいいようなことをわざわざ言ってくる理由が理解できません。
他人の悪口を言わなければ誰も嫌な気持ちになることがないというのがなんで分からないのでしょうか。

悪口は嫉妬から生まれるものだと思いませんか。 – 言わなくても… – Yahoo!知恵袋

自分が一番でいたい

嫉妬心を抱きやすい負けず嫌いな人は、自分が常に一番でいないと気が済まない人でもあります。

男性でも女性でもマウントを取りたがる人と行った方がわかりやすいかもしれませんね。

そんな人が自分が一番でいたいと思っているにもかかわらず、自分より上だと思うような人物がいたり、自分より評価が高い人物がいたりするとどうなるでしょうか。

当然、嫉妬の気持ちを抱くことになりますが、自分は相手よりも下だとも認識しています。

その結果相手より上になることは諦め、下に落とすことを考えるでしょう。

それが嫉妬から悪口に結びつく流れです。

ライバル心が強い

負けず嫌いの人に嫉妬しやすい人が多くなります。

嫉妬しやすい人はまた、ライバル心が強い人でもあります。

ただし、自他共に認めるライバルではなく、自分で勝手にライバル視しているという迷惑なライバル関係です。

ライバルと言うよりは本来であれば自分が憧れるような上にいる人に対して、ライバル心をむき出しにしている感じでしょうか。

良いライバル関係は、お互いに刺激し合ってより高いレベルになる可能性があります。

しかし、一方的なライバル関係ではそうはならずに、どうしてもかなわないライバルに対して、悪口を言いふらして評判を落とすくらいしかできないのです。

嫉妬から悪口を言う人への対処法

嫉妬から悪口を言う人にはどのように対処したらいいのかも考えてみましょう。

近づかない

悪口を言う人には近づかないのが原則ですが、嫉妬から悪口を言う人にもこの対処は正しいですね。

物理的に近づかないことが一番ですが、同じ職場の場合は完全に近づかないのは難しいでしょう。

それでも、仕事だけの関係にとどめてプライベートでは近づかないことが大切です。

周囲の人たちも悪口を言う人だと気が付いているはずですから、理解してもらえるでしょう。

相手にしない

悪口を言う人に対しては、直接問いただすという方法が効果的な場合もあります。

しかし嫉妬が原因で悪口を言う人に面と向かって話をしても効果はありません。

むしろ、ライバル心があるのでむしろ逆効果になる可能性が高くなります。

相手はあなたをやり込めよう、困らせようと思って悪口を言いふらしています。

その悪口に反応してしまうと、相手は悪口が効いていると判断してますますエスカレートしてしまいます。

嫉妬が原因の悪口の場合は、悪口を聞いても反応しない、動揺しないで平然としているほど、むしろ相手にダメージがあると考えましょう。

反応しないことでますますエスカレートする可能性がないわけではありませんが、向きになるほど自分で墓穴を掘る化膿しも高くなるのであえて。

放っておきましょう。

まとめ

勝手に嫉妬した上に悪口を言ってくる人はやっかいですが、あえて相手をしない方がいいので対処法としては最も楽と言えるかもしれません。

勝手にライバル視されるのも迷惑ですが、まったく相手にしていなければ特に問題はないはずです。

なぜなら、嫉妬から悪口を言う人は、あなたにかなわなくて悔しいから悪口を言ったようなものなのですから。

コメントを残す