同僚や部下の悪口を言う人の特徴


職場では上司の悪口を言う人が多いですが、それ以外にも同僚や部下が悪口の対象となるケースもあります。

自分の同僚や部下の悪口を言う人はどんな心理で悪口を言っているのでしょうか?

今回はその特徴を考えてみましょう。

同僚や部下の悪口を言う人の特徴

同僚や部下は自分と対等あるいは下の立場の人になりますが、その人の悪口を言う人にはどんな心理や特徴があるのでしょうか?

具体的に考えてみましょう。

同僚を協調性がないと非難する人

同じ職場で仕事をするときに協調性は大事な要素となります。

特にプロジェクトチームといったグループ単位での作業は、独りよがりな人がいるとチームワークがまとまらずプロジェクトも失敗する可能性が高くなります。

そのため、同僚を協調性がないといって悪口を言う人には、それなりの合理性があるように見えます。

しかし、以下のような理由で同僚を協調性がないと非難している場合を考えてみましょう。

・悪口の対象を国立の有名大学を卒業して優秀なはずなのに変人と言う

・自分の仕事が終わったからといっては、残業もしないで帰ると非難

・自分のことしか考えず組織全体で仕事をするということが分かっていないと非難

表面的には悪口を言う気持ちもわからないでもないですが、悪口を言っている人には学歴のコンプレックスがあるように感じます。

有名大学を卒業していれば優秀というステレオタイプの考えを持っていて、自分は有名大学出身ではないのでとても能力ではかなわないという劣等感です。

また、自分の仕事が終わったから帰るというのは、ある意味では当たり前のことで、他の人を手伝う義務は本来ありません。

分業で作業をしているのであれば、そうした職人気質の人がいる場合はむしろプラスになることもあります。

悪口を言っている人は自分の学歴にコンプレックスがあり、そのせいで仕事ができないと思い込んでいます。

本来は入社してからの努力の方が必要ですが、自分ではそれを怠っているので実力がないことに気付いていないのです。

そこで悪口の相手が優秀なのは学歴のせいだと信じ込み、自分の無能を隠すために相手の悪い部分を強調して悪口を言うことで自分を納得させていると言えるでしょう。

悪口がコンプレックスの裏返しだという典型的な例ですね。

無駄話が協調性の判断基準なんですか?

勤務時間中に無駄話って強要するものなんですか?

コミュニケーションが仕事の内容の中から生まれない状況自体がオカシイと思いますけど。

お喋りしないと協調性が無いと言い切る質問者様が変わらないとと思いました。

小さな職場で協調性のない人と、この先もうまくやっていかねばなりま… – Yahoo!知恵袋

不倫をしている同僚の告げ口を上司にする人

不倫は悪いことだというイメージが定着しているのは事実ですが、不倫そのものは犯罪でも何でもなく、いわばプライベートのことに過ぎません。

不倫された配偶者は当然怒るでしょうが、第三者が不倫についてとやかく言う権利はないはずです。

それを上司に告げ口をするというのは、明らかに上司の同僚に対する印象を悪くしようとしています。

もし、同僚の不倫を本気で心配しているなら、上司ではなく本人に直接注意したりアドバイスしたりするはずです。

また、悪口を言った人がその同僚よりも成績が悪い、実力がないということも明白ですね。

自分よりも成績が悪かったり実力がなかったりする人を陥れようとする人はいないからです。

そこで悪口を言った人には以下のような心理が隠れている可能性があります。

・自分も恋愛や浮気をしてみたいのにできない

・仕事の業績が悪い自分よりも相手の印象を悪くしたい

この悪口が成功するかどうかは、実のところ上司しだいというところがあります。

もし、上司にもそうした浮気や不倫願望があれば、たとえプライベートに関することであっても悪口が功を奏して印象を悪く可能性があるのです。

仕事には関係ないことでも、人事評価にプライベートが影響することはそれほど珍しいことではありません。

お酒好きの女性部下を非難する上司

大酒飲みの女性部下を非難する上司には、「有名大学の出身者は優秀」というステレオタイプの考えに通じるところがあります。

つまり大酒飲みは男性だけであって、女性が酒を飲み過ぎるのははしたないというステレオタイプです。

酒を飲んで酔っ払うということ自体に男女差は全くありません。

お酒が好きかどうかは性別とは関係ない嗜好の問題だからです。

大酒飲みが健康に良いことか悪いことかは別にして、お酒を飲むこと自体に批判の要素はありません。

お酒を飲み過ぎた次の日に全く仕事ができない状態だったり、休むことが多かったりすれば、多少批判の余地はあるでしょう。

それでも有給休暇をどんな理由で使うかは自由なので、本来は非難の対象にもならないはずです。

こうした女性に対してステレオタイプの考えを持っている上司は、残念ながら日本ではまだ多いと思われます。

仕事以外のことで上司の心証を悪くしたくないと考えるのであれば、女性も上司の中には旧態依然とした考えを持っている人もいることは理解しておきましょう。

まとめ

同僚や部下の悪口を言う人も、上司の悪口を言う人も非難する理由は自分の中にあるようです。

相手のためを思って言っているように聞こえる場合でも、自分の利益や相手を蹴落とそうとする意図を隠している場合もあります。

悪口を言われる対象にならないように、相手がどんな心理で悪口を言うのかも考えてみましょう。

コメントを残す