口喧嘩が強い

口喧嘩が強い人

口喧嘩が強い人の特徴、心理、対処法

口喧嘩の意味

激しい言葉でののしり合うこと。言い争い。口論。「つまらないことで口喧嘩する」
口喧嘩(くちげんか)の意味 – goo国語辞書

口喧嘩が強い人の特徴、心理

  • 親分肌。
  • 声がでかい。
  • メンタルが強い。
  • すぐ感情的になる。
  • 相手を言いくるめようとする。
  • 相手の話をさえぎって話し始める。
  • 普通に話していても喧嘩腰になる。
  • 自分を正当化することに長けている。
  • 口が上手い。一手二手先を考えている。
  • 協調性に欠ける。自分の非を認めない。
  • アクシデントが起きてもうまく対処できる。
  • 相手を言い負かすことに執念を燃やしている。
  • 相手の話を聞かない。自分の考えを押し付ける。
  • 理屈っぽい。屁理屈が上手い。ああ言えばこう言う。
  • 自分が不利になると論点をずらす。質問に答えず違う話をする。
  • ストレスをためている。ストレスを発散するために八つ当たりをしている。
  • 強気。高圧的。自己主張が強い。自分に自信がある。自分が絶対に正しいと思っている。

口喧嘩が強い人の対処法

  • 下手に出る。
  • 距離を置く。
  • メールや手紙など文章で伝える。
  • 口喧嘩を売られたら無言で立ち去る。
  • 口喧嘩になりそうなときは別の話題にすりかえる。
  • 相手が悪い場合はこちらの言い分だけ言って問答無用にする。
  • 受け流す。あしらう。反論しない。相手にしない。相手の土俵の乗らない。

口喧嘩が強い人に関する注目ツイート

『口喧嘩が強い』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/09/09(水) 10:22:11 ID:84417c300 返信

    職場で口喧嘩をする人の特徴は、理系の人が多いように感じます。理系出身の人は物事を理屈っぽく捉える人が多いようで、よくいう「ああ言えばこう言う」というやつです。

    普通の人なら「そうですよね。」で終わるところでも、その後に「いや、でも」「だからね、」と続くのです。自己主張が強いとでもいいましょうか。そこからヒートアップして、喧嘩のようになってしまいます。

    自己主張ができない人もいるので、それ自体が悪いことだとは思いませんが、会社で自分の意見ばかりを通そうとする人は必ず敵を作ります。やはり会社という場所は集団で仕事をする場なので、ときには自分の言いたいことを我慢したり、相手の立場や意見を尊重することも必要です。

    口喧嘩をする人は、残念ですが上司にはあんまりかわいがられないのではないでしょうか。多少仕事ができなくても、愛想がよく、敵を造らないタイプのほうが出世する傾向にあるように思います。そして、口喧嘩をする人はやはり部下にも気に入られることは少ないです。口うるさい上司が好きな部下はいませんから。

    なぜか口喧嘩をする人は、自分が絶対に正しいのだという思いがあり、周りからすると正直扱いにくいのです。そして、周りが何かを言ってもおそらく聞き入れませんし、こちらができることは聞き流すことしかありません。

  2. 名前:匿名 投稿日:2020/09/09(水) 10:22:28 ID:84417c300 返信

    口喧嘩が強い人は、口喧嘩になるようにワザと持ち込むことも多い。口喧嘩に自信があるのでストレス解消するために口喧嘩できる相手を探してるのです。

    対処法は口喧嘩には乗らないことです。口喧嘩に乗らなければ、相手は何もできません。

  3. 名前:匿名 投稿日:2020/09/09(水) 10:22:47 ID:84417c300 返信

    口喧嘩が強い人の特徴は、自分の考えに絶対の自信があります。だから何を言っても聞く耳を持たず、考えがぶれることも考え直すこともないので口喧嘩が強いのです。

  4. 名前:匿名 投稿日:2020/09/09(水) 10:23:04 ID:84417c300 返信

    口喧嘩が強い人の対処法は反論をしないことです。

    反論しても言い返してくるだけだからです。口喧嘩が強い人は親分肌の人が多いという特徴があるので、反論しなければ可愛がって面倒をみてくれます。

    下手に口喧嘩して嫌な思いをするよりは、モヤモヤした気持ちが残っても受け流すのが最善です。

  5. 名前:匿名 投稿日:2020/09/09(水) 10:23:17 ID:84417c300 返信

    職場に置いて意見の対立は普通のことで、会社の発展のためには欠かせないことでもあります。しかし、議論を通り越して、喧嘩越しで自分の意見を主張する人がいます。そして、口喧嘩が業務に関することだけでなく、個人間の問題についても強い人がいます。

    こういった人は意外と仕事ができるケースが多いですが、協調性に欠ける一面もあります。自己主張は大切ですが、他人の意見を尊重することも重要です。口喧嘩の強い人は、こういった部分において少し劣っています。

    冷静に物事を捉えることができないので、異なる主張に対して怒りを覚えることもあります。周囲もそのことに気づいているので、口喧嘩の強い人に意見するのを控えがちになります。周囲のそのような態度が、ますます本人を調子に乗せてしまいます。

    高圧的な印象を与えるので、一緒に仕事をしていると萎縮してしまうこともあります。本人に自覚がないことが多いので、問題点を指摘することは逆効果につながります。

    このようなタイプの人とは、一定の距離を保ちながら付き合っていくことが大切です。あまり影響を受けすぎると、のびのびと仕事をすることができません。自分をしっかり保ちながら、喧嘩になっても冷静に受け流す気持ちが大切です。

  6. 名前:匿名 投稿日:2020/09/09(水) 10:23:35 ID:84417c300 返信

    以前勤務していた職場に、まさに「口喧嘩が強い人」がいました。

    その女性は50代前半のパートでした。その人はお気に入りの人に甘く、嫌いな人にはとことん態度に出す側面があります。

    私は嫌われている側の人間でした。私は初めて接したときから、彼女に対して「なんか苦手だなぁ」という感情を抱いており、自分の考えがすべて正しく、気分で動く彼女と仕事をするのが苦痛でした。

    曲がったことが嫌いで忖度もできない私は、彼女の意見に対して大人しく従えばいいところを、しっかり自分の意見を言っていたため、次第に彼女も私に対する態度がきつくなってきました。

    ある日、彼女にとって私が片付けるべきと考えていたものを、片付けずに置いていたことで、注意を受けたのですが、私としては「なぜ自分が」という思いもあったため、わざと嫌味を言いながら片付けました。

    恐らく、その日から彼女との距離が大きく開き、彼女は周りの人間に対しても私のことを悪く言うようになりました。

    そして、私は職場の女性陣から孤立させられたような気がします。

    彼女は普段から面と向かってキツく当たることもあったのですが、しっかりと回りくどいやり方でも攻撃するんだなぁと改めて感じた出来事でした。

    彼女のような職員がいることで、周りの雰囲気も悪くなり萎縮してしまう人もいたため、明らかに職場には悪影響があったのではないかと思います。

    私自身も、面と向き合わず上手くあしらっておけば、嫌な思いをせずに済んだのでは?と今となっては反省しています。

  7. 名前:匿名 投稿日:2020/09/09(水) 10:23:51 ID:84417c300 返信

    私の職場の上司はとにかく口がよく回り、いつも誰かしらと口喧嘩をしては相手を言い負かせています。私はあまり自分の意見をすらすら言えるタイプではなく話す前に頭の中でじっくり考えてから口に出すので、この上司とは特に相性が悪いです。こちらが何か言う前にガンガン畳みかけられ、反論しようとすればすかさず「でもそれはさあ!」と詰め寄り、まともな話し合いもできないまま終わってしまいます。

    上司は何事も相手の意見を聞かず自分の意見ばかり無理やり通しているので社員の不満も溜まっており、職場の雰囲気も良くないです。ですがさらに上の人たちは自分の主張を強く言える人がいいらしく、誰も上司に注意をしないので、改善されそうにもありません。

    そこで私たちは、この上司と直接顔を合わせて話す機会を極力減らすことにしました。打ち合わせや会議などどうしても無理な場合は別ですが、個人的なやりとりや緊急ではないことはメール等文面で伝えるようにしたのです。そうすることでこちらの意見を途中で遮られることなく伝えることができ、相手の話すスピードに翻弄されることなく落ち着いてやり取りができるようになりました。

    もし相手がむちゃくちゃなことを言っていたとしても文面に残すことができれば、ここがおかしいあれがおかしいと第3者に意見を仰ぐこともできます。こうすることで上司と口喧嘩をする回数も減り、職場の雰囲気も良くなってきました。