聞こえるように悪口を言う人の特徴、心理、対処法

聞こえるように悪口を言う人の特徴、心理

「聞こえよがし」という言葉があります。

本人に聞こえるように悪口を言うことです。

誰の悪口を言っているのか名前を言わないのですが、本人には分かるように悪口を言うのが特徴です。

わざと聞こえるように悪口を言う人は何が目的なのでしょうか?

可能性として考えられる心理は次の通りです。

  • 本人に直接言うほどのことではない。
  • 本人に面と向かって言うと言い返されるのが怖い。
  • 本人が悪口を聞いて傷つくことを楽しんでいる。

取るべき対策は?

無視する

自分の悪口が聞こえてもたいていの人は無視します。

悪口が聞こえても聞こえていないフリをします。

人のウワサも75日。

そのうち飽きて悪口を言われなくなったら解決です。

言い返す

何もしなければずっと悪口が続く場合もあります。

その場合は、直接言い返すことで解決する場合があります。

言い返し方をいくつか挙げます。

  • 「私のことを言っているの?」
  • 「聞こえるだけで気分悪いんだけど?」
  • 「いい加減にしてください」
  • 「悪いところあったら私に直接言って下さい。直しますから。」
  • (仲がいい人たちのグループだったら)「何の話?混ぜて」

しかし、言い返しても「何のこと?」「何言ってんの違うよ」「あなたのことじゃない」「お前には関係ない」などと、はぐらかされることが多い。

聞こえるように悪口を言う人は、相手の反応を見て面白がっているため、言い返すことでさらに悪口が激しくなる可能性があります。

気持ちの持ち方を変える

聞こえるように悪口を言われる場合、確実に解決できる方法はありません。

気持ちの持ち方を変えるほうが確実です。

  • 卒業(異動、転勤)になれば、この人たちとは会わずに済む。それまで我慢しよう。
  • (本当に辞めるかどうかは別として)こんな学校(会社)いつでも辞めてやる。

と考えると、気持ちがラクになります。