悪口の受け流し方

悪口の受け流し方
悪口を言われるないようにすることは、どんなに非の打ち所がない人であっても困難です。

なぜなら、非の打ち所がない人ほど嫉妬や妬みを持つ人がいて悪口を言うからです。

もちろん凡人であれば悪口のひとつやふたつ言われても当たり前と考えておきましょう。

しかし、悪口を言われないようにすることは難しいですが、自分の気持ちひとつで悪口を受け流すことは可能です。

悪口もまともに受けていれば精神衛生上よくありませんね。

今回は悪口を受け流す方法について解説します。

気持ちを切り替えて悪口を受け流す

悪口を受け流すためには、自分の気持ちを切り替える必要があります。

悪口は基本的に悪意の塊なので、それをまともに受け取ってはいけません。

まずは気持ちの持ち方を変えてみましょう。

反論をしない

悪口を面と向かって言われると、普通はそれを否定したり、反論したりします。

悪口の内容が事実に反したり、ひどかったりした場合はなおさらでしょう。

しかし、ここで気持ちを切り替えて、悪口を言う人は低レベルの人間だと思い直してみましょう。

反論することで相手と同じ土俵に上がってしまうことになります。

つまり、相手のレベルまで自分を引き下げることになるのです。

まして悪口を言い返す行為は、相手の思惑にうまくはまってしまうことにもなります。

悪口を言う人は、反論して悪口を否定したり、相手を矯正したりということはまったく考えなくてもいい相手です。

悪口を言われても同じレベルにはならないぞと考えて、無視するのが一番です。

相手に同情する

悪口を言われたときに反論するのは相手と同じ土俵に上がることになります。

反対に相手を下に見るくらいに考え方を切り替えると、自分にダメージを与えずに受け流すことができますよ。

たとえば、悪口を言うような人は精神的に未熟です。

そう考えると子供を持つ親のような気持ちになれれば、悪口を言う相手の言葉はそれほど気にならなくなります。

「私に相手してもらいたくて必死だなあ」

「この人も性格悪くなるまで苦労したんだろうな」

と勝手に想像してみると、ふしぎに悪口もかわいいものに聞こえてきますよ。

悪口を言う人は低レベルと言うことを心に落とし込むことができれば、悪口を聞いてもさほど気にならなくなります。

客観的に受け止める

感情的になりやすい人には難しいかもしれませんが、悪口を客観的に受け止めるとうまくいくこともあります。

感情的な悪口に対しては意味はありませんが、批判めいた悪口に対しては効果があります。

つまりその悪口を客観的にとらえて、自分の悪いところを指摘していると考えるのです。

もちろんすべての内容を受け止める必要はありませんが、自分でも気付かなかった自分の弱さや悪いところがわかる可能性があります。

そうなると悪口を言われても起こるどころか、反対に感謝の念がわいてくるかもしれません。

悪口を言った相手に対して

「指摘してくれてありがとう」

「今まで気が付かなかったよ」

などと言えたら相手も次から悪口をやめることは間違いありません。

相手を落ち込ませようとした悪口が、反対に元気づけたようなものですから。

私も、その現状は危惧しています。

しかし、良くないと言っても、それが現状であることも事実です。

なら、「受け流す技術」を身につけることは必要だと思います。

まともに受けるから傷つくのです。

受け流しきれないこともあると思いますが、出来る部分は受け流せば、
多少なりともダメージは減り、それが結果自分の幸せに繋がると思います。

他人を傷つける言葉とはどう向き合えばいいと思いますか? – OKWAVE

悪口を言う人との接触を避ける

どうしても気持ちを切り替えられない、うまく受け流すことができないという人は悪口を言う人と直接接する機会をなくしましょう。

陰口は言われるかもしれませんが、直接悪口を言われるよりはダメージを減らすことができます。

その間になるべく気持ちを切り替える努力をしてみましょう。

同じ食という場合は完全に接触しないことは難しいですが、それでも仕事だけの接触にとどめましょう。

退社後の飲み会などを避ければ、接触する頻度もかなりおさえられるでしょう。

かかわらないではなく、その悪口言う人から、どんな話を振られても「わかんない」としか答えないようにする。

そうすることによって、悪口言う人たちは、「あいつ、つまんない」ということ結論を出して、勝手にはなれていってくれる。

悪口を言う人と関わらない方がいいとこの知恵袋で見ましたが、そうした人います… – Yahoo!知恵袋

まとめ

悪口を受け流す方法は基本的に気持ちを切り替えると言うことです。

これは悪口を言う人に対してだけでなく、自分に悪意を向けてくり人たちに対しても有効な手段ですね。

セクハラやパワハラは訴えるという手段もありますが、自分の精神的なダメージを軽減するためにも気持ちの切り替えは必要です。

悪口も行き過ぎればパワハラやモラハラにもなるので、対処法としては共通ですね。