悪口を言われる人には言われて当然の理由がある?


「悪口は言われる人にも非がある」という考え方をする人がいます。

「火のないところには煙が立たない」とも言われることがありますが、悪口を言われた人にも本当に非があり、言われても当然というケースもあるでしょう。

しかし、中には全く非がなくても悪口を言われる人もいます。

今回は、「悪口を言われる人には言われて当然の理由がある」のかについて考えてみます。

世の中は公正という考え方が悪口につながる

心理学には「公正世界の信奉」や「公正世界仮説」と呼ばれる考え方があります。

世の中は公平にできているので、人の行動には公正な結果が返ってくるという考え方をする人が、世の中の大半を占めるという理論です。

そしてこのことが、犯罪被害者を非難したり、悪口を言われた人にも非があると責めたりする理由となっているのです。

なぜ犯罪被害者を非難するのか

性的被害に遭った女性に対して、男性を挑発するような外見をしていたのが悪いという非難を聞いたことがある人は多いでしょう。

もっと身近な職場の中では「仕事のチャンスは公平に与えられているのだから、成績が悪いのは本人の責任だ。」という考え方が主流のように感じられますね。

被害者女性を非難する背景には、必ず自分がやった行いに見合った結果となるという考え方があります。

また、仕事ができないのはその人のせいという考え方にも、世の中は公正だという思い込みがあります。

同じファッションをしているのに被害に遭わない人もいるし、被害は外見のせいではないということはすぐにわかりますね。

男性が痴漢容疑をかけられる場合も同様に、たまたま被害意識の強い女性がそばにいて偶然に電車が揺れてしまったことが原因かもしれません。

仕事のチャンスは公平と言いますが、相手のある仕事は取引先の状況と言った偶発的な要素がたくさんあります。

その仕事を担当したときの社会情勢や景気に左右されることもあるでしょう。

つまりチャンスが公正だという前提がそもそも間違っているのです。

しかし、こうした考え方をする人が多いと、犯罪の被害者にも悪い点がある、仕事ができないのはすべて本人が悪いと言う考えに結びついてしまうのです。

悪口を言われる人のも落ち度があるという考え方

世の中は公正だと考える人は、悪口を言われる人にも言われるだけの落ち度があると考えてしまいます。

その理由はある実験結果を見ると明らかです。

「公正世界仮説」を唱えた心理学者は最初にある実験をしています。

電気ショックを用いた実験ですが、被験者に記憶問題を間違えると電気ショックを与えられる人を見せます。

被験者は最初は驚いて動揺しますが、何度も見せられているとしだいに電気ショックを与えられた人を非難するようになるのです。

つまり何度も電気ショックを受けた人はそれだけ無能なのだから、電気ショックを与えられてもしかたがない人だと評価したのです。

世の中は公正だと信じていると、結果が悪ければその結果を受けた本人も悪いという結論になってしまうのです。

そもそも世の中は公平でも公正でもないことは、よく考えなくてもわかることのはずです。

しかし、それを信じている人は、そうなってほしいという期待を事実とすりかえているのです。

これからも公平だから、正しいことをしてきた自分はいつか報われるはずだという一種の宗教的な考えとも言えます。

公平さを信じる心が不公平さを生む

悪口を言われた人に対して「あいつは○○だから悪口を言われても仕方がない」という悪口を言ったとします。

悪口を言った人は公正性を信じているためこの悪口を言ったのですが、悪口を聞いている人にも公正性を信じている人が多いのです。

そのため、その悪口に賛同する人も多いことになり、悪口を言われた人なのに非難されたり、犯罪被害者が非難されたりします。

公正さを信じるあまり、公正ではない悪口を言ったり賛同したりする結果になります。

特に日本では「正しいことをしていればいつか報われる」という考え方をする人は多いように感じます。

この考え自体は誰も見ていなくても正しいことをすべきだと言う意味で、犯罪の抑制などに効果があります。

しかし、偶然やたまたま悪い結果になってしまった人を、すべてその人が悪いという結論にしてしまう危険性も高いのです。

まとめ

悪口を言われた人や犯罪被害者を非難するのはお門違いで、接待的に悪いのは加害者や悪口を言った人だと言うことを再認識する必要があります。

そうしないと自分では正義感で人を批判したつもりでも、結果は罪のない人を責めることになります。

公正さを信じるあまり不公平な評価をしないためには、公正だと信じているものを疑うことからはじめましょう。

世の中には本当の意味で絶対的な正義や公正さは存在しないのです。

悪口は言う方が悪いです。

自分も言われるのは構わないですが言うのは嫌いです。

悪口を言うって事はその人の悪い面しか見てない訳でさほど仲が良くなくてもどこかしら良い面もあるはず。

悪口を言われる方が悪い。

いじめられる方が悪いって言っているようなものですね。

悪口は言う方と言われる方、どちらが悪いんでしょうか – この事で… – Yahoo!知恵袋

コメントを残す