友人に対する悪口の心理


友人と言ってもただの友達から親友までありますが、共通しているのは血のつながりはない関係という点です。

親友でもいっしょに生活しているわけではないので、お互いに知らないことはたくさんあるでしょう。

親友だと思っていても相手はこちらを親友だと思っていないことさえあります。

そのため親友だと思っている人でさえ自分の悪口を言うこともあるのです。

今回は友人に対する悪口の心理について考えてみましょう。

友人への悪口は妬みと嫉妬?

友人は家族ではありませんが、知らない人に比べるとだいぶ近い存在と言えるでしょう。

しかし、距離が近いことでいろいろと悪口のネタも増えるようです。

買い物依存症の友人への悪口

Aさんは友達Bがふられてから買い物で憂さを晴らしている状況となったことを、他の友人に話します(すべて女性)。

・Bはこの間彼氏に振られて今のところ次の彼氏ができる様子もない。

・そのせいか最近はブランド商品を買いまくっていて、消費者金融らしき電話が会社までかかってきた。

・男に振られたせいでそんな状態にまでなるのはかわいそう。

AはBを心配しているように見えますが、内心では次のような心理があります。

・ブランドものを身につけていたBに対して、Aにはうらやましいと思う気持ちがあったので現在の状況をいい気味だと思っている。

・彼氏とうまくいっていたときも、うらやましいという感情があったのかもしれず、ふられたことにも同様の感情を持っている可能性もある。

そもそも「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、友達は趣味や考え方が近いため親しくなります。

Bがブランド好きだとすれば、同じようにAもブランド好きなはずです。

しかし、給料を考えるとそれほどブランド品を買うことができないのに、Bだけがブランド品をたくさん持っていることに嫉妬を感じたのは間違いありません。

このように親しい関係にあるほど妬みや嫉妬という感情が発生しやすくなります。

なぜなら、給料は大して違わないはずの友人だけが、自分がほしいと思っているブランド品を買うことができるのはおかしいと感じるからです。

これがよく知らない人であれば、収入もわからないわけですから、これほど強い妬みや嫉妬は感じないでしょう。

友人の夫の行動が怪しいという噂話をする主婦

Aさんは近所に住む友人Bさんの夫をよく駅で見かけますが、それに関しての悪口を井戸端会議で話します。

・Bの旦那さんをよく駅で見かけるけどいつもスマホで話をしていてあいさつができない。

・帰り道でスマホで話し込むのは少しおかしい、よほど帰りたくないのか、浮気をしているのか、変な仕事をしているのかもしれない。

この話は単にある人が駅の近くでスマホで話をしていたと言うだけの話ですが、わざわざ井戸端会議のネタにするのはAにBに対する嫉妬があるのかもしれません。

考えられるのはBの夫の仕事が自分の夫に比べて、羽振りがいい仕事であることを嫉妬している場合です。

もうひとつはB夫婦の仲がいいことをやっかんでいる場合。

どちらにしても自分たち夫婦よりも幸せそうなことに嫉妬して、何でもないことを悪口の材料にして少し波風を立てようという心理がうかがえます。

井戸端会議の話というのはあっという間に近所に広まるので、Aはそれを知っていて話題に出した可能性が高いでしょう。

悪口を言われることには気を付けた方がいいですが、何でもないことまでネタにされ、想像をでっち上げられてしまうとお手上げですね。

最初は当たり障りのない互いの子供の話ですけども、それもネタ尽きたらやはり陰口悪口噂話に移行してきますよね・・・。

本人は軽い愚痴のつもりなのでしょうけども、言い出したら止まらなくなると思います。

ママさん達で井戸端会議してる人 – ほど性格悪い人多くないですか… – Yahoo!知恵袋

年上と結婚した友人の悪口を言う男性

Aは独身男性で最近結婚した友人Bの悪口を別の友人に話します。

・Bの結婚相手は年上で、できちゃった結婚。

・Bは姉さん女房で甘えられると得意になっているけど、女の策略にはまったんじゃないか。

・おれなら年上と結婚するくらいなら独身の方がいい。

男性の悪口は裏でどんな気持ちでいるのかわかりやすいと思う人は私だけではないでしょう。

Aは明らかにBに先に結婚されたことに対して、うらやましい、妬ましいと感じています。

自分が年下がいいからと言って、Bの結婚には何の関係もないことです。

できちゃった結婚であってもBが納得して結婚していれば、周囲がとやかく言う必要もありません。

心理学では自分の無意識の中での欲求と実際の行動が反対になることを「反動形成」を呼ぶそうです。

Aは心の中では自分は結婚できないかもしれないという焦りを感じていますが、言い訳のように「年上と結婚するなら独身の方がいい」と反対のことを言っています。

本当なら年上でも何でも結婚したいのですが、先に踏ん切りをつけて友人が結婚してしまったので、焦りが生じているのです。

しかし、本人はBに対する悪口のつもりで話してますが、周囲から見ると負け惜しみにしか聞こえませんね。

まとめ

相手が友人とは言え悪口を言う人は容赦がありませんが、やはり悪口を言う原因は自分の中にあるようです。

特に嫉妬や妬みが原因の悪口が多いのは、ある程度相手の性格や状況がわかっているからなのかもしれませんね。

これが陰口でなく直接本人に言えるようならば、親友と呼んでもいいのでしょう。

コメントを残す