人が直接悪口を言いづらい理由


悪口を言って盛り上がったり、いつも悪口を言ったりする人でも直接本人に悪口を言うことはほとんどありません。

むしろ悪口が好きな人ほど陰口をたたく傾向があります。

つまり悪口は直接本人には言いにくいという特徴があります。

今回は人が直接悪口を言いづらい理由について考えてみましょう。

直接悪口を言えないのは人間関係があるから

悪口を直接言えない理由を一言でいえば、人間関係が続くからということになります。

もう二度と会わないとわかっている人であれば、直接悪口を言いやすくなるというのは理解できると思います。

それではどんな人間関係が悪口を直接言いづらくしているのでしょうか?

人は簡単に屈服しない

人間関係を考える前に人の性質、質(たち)について考えてみましょう。

人が悪口を言いたくなるのは、相手から叱責されるなどで強い不満を感じたり、憤りを感じたりしたときに、その場で反論などができないときです。

本来であれば、その場で反撃して相手を屈服させたり、謝罪させたりできればこうした不満はなくなるので悪口を言うこともありません。

その場で反撃しない理由はいろいろあるでしょう。

相手が上司だったり、年上だったりというケースもありますが、それでも相手が悪いことを認めされることができれば、立場に関係なくそうするはずです。

しかし、ほとんどの人がそうせずに後で悪口を言うという方法をとるのは、相手を完全に屈服させることは不可能だと考えているからです。

ドラマでは上司に土下座させることはできても、現実的にはできないことは誰でも知っています。

それは自分が上司に立場で部下に反論されたら、素直に認めることはないとわかっているからです。

ですから、ドラマで相手を屈服させるシーンを見るとカタルシス(浄化作用)を感じてしまうのです。

「現実ではなかなかお目にかかれない」と思われてるからこそ、ドラマとして人気が出たのでは…
リアルなだけだったら架空作品見る必要ないですし。

現実にはドラマ半沢直樹みたいにずるい人を成敗出来る事少ないですよね… – Yahoo!知恵袋

職場では直接の罵倒は命取り

いくら上司が理不尽な理由で叱責しても直接反論せずに甘んじてしまうのかといえば、それをやってしまうと職場での立場が悪くなってしまうからです。

そのため、飲みに行ったときに愚痴や悪口という形で吐き出してしまうのです。

そもそもその場で反論しても絶対に認めないので、直接悪口を言っても効果がないこともわかっています。

会社員としての人間関係と上司に対する不満を比較して、人間関係を選んでしまう人が多いのです。

相手がどんなに無能な上司であっても、直属の上司であれば自分を評価するのはその上司です。

協調性がないという評価をされてしまうと、会社内では致命的となってしまうでしょう。

こうした考えで直接悪口を言わないのは、特に日本の社会では普通にあることですね。

日本の会社ではこれがストレスをため込む大きな原因となっているので、会社の飲み会では悪口大会になってしまうという側面もあります。

悪口以外の手段もある

職場に関していえば、以前ほど上司の言うことは絶対で口答えしてはいけないという風潮はなくなってきています。

これは年功序列制度を撤廃した企業ほど顕著になっていることでしょう。

実力主義の会社であれば、上司の間違いを正すことはむしろ自分の評価を上げるチャンスにもなります。

ただし、この場合でも直接反論したり、説き伏せようとしたりするのはおすすめできません。

自分の考えが社内で評価されるかどうかは未知数だからです。

そのため、上司の意見を覆したいと思っても、事前準備として周囲に根回しをして味方を多く作っておく必要があります。

そうして自分の意見が支持されるという自信を得てから行動すれば、上司の意見を覆すことも可能になるでしょう。

こうしたことができるのであれば、飲み会で悪口を言って憂さを晴らすという必要もなくなります。

まとめ

人が悪口を直接言えないのは人間関係を重視しているという理由が大きいことがわかります。

特に日本ではこうした傾向が強いですね。

個人主義の欧米では転職率が高いのもこうした人間関係よりも、個人の考えや感情を優先しているからかもしれません。

コメントを残す