悪口を言った人への一番の復讐方法


悪口を言われたら言い返したり、報復したりするのは報復合戦となるので終わりが見えません。

ですから悪口は無視する、スルーするというのが基本的な対処方法と覚えておきましょう。

しかし、それでも悔しいので復讐したい、見返してやりたいと考える気持ちもわかります。

今回は悪口を言った人が最も悔しがる一番の復讐方法を考えてみましょう。

負のスパイラルにならない復讐方法

「人を呪わば穴二つ」という言葉は、復讐や報復を考えたら墓穴を2つ作りなさいという意味です。

なぜなら復讐をしたらあなたも復讐されるのは間違いないので、その準備や覚悟が必要だからです。

だから悪口を言われて言い返すとさらに言い返されることになってきりがありません。

無視するのが一番とはそういう意味なのです。

しかし、悪口を言い返すだけが復讐ではありません。

マイナスのループにならないような建設的な復讐を考えてみましょう。

無視するのもひとつの復讐方法

悪口を言われても無視していればいいとよく言われますが、言われっぱなしですっきりしないという人も多いでしょう。

そう考えてしまう人は少し考え方を変えてみましょう。

悪口を言う人が一番喜ぶこと、楽しいことは何でしょうか?

それは悪口を言われた人が悔しがったり、むきになったり、感情的になったりしている姿を見て笑うことです。

そんな人が苦しむ姿を見て喜ぶのが、悪口を言う人の変態的な部分のひとつです。

そう考えると悪口を言った人が、悪口を言われても平気な顔をして何もなかったようにしているあなたを見るとどう思うでしょうか。

悔しがるのは間違いないですね。

あなたはその悔しがる姿を想像するだけで溜飲を下げることができます。

この方法も立派な復讐方法のひとつで、そのうえ何もしなくてもいいのでもっとも費用対効果が高い復讐方法です。

大変危険な思想ですね。

気持ちは分かりますがこれだと復讐の連鎖が止まりません。

何か嫌なことをされたら、やり返さずに耐えましょう。

すると相手はさらに調子に乗ってひどい嫌がらせをしてくるでしょう。

でも、やり返さずにひたすら耐えてください。

復讐はいいと思いますか?悪いと思いますか?悪口を言われた、暴力を振ら… – Yahoo!知恵袋

間接的な復讐方法

悪口を言い返すといった直接的な報復は報復を呼ぶことになるので、延々と報復合戦を繰り返すことになります。

ですから直接的ではない、間接的な方法を検討してみましょう。

たとえば、職場で悪口や嫌がらせを受けている場合は、上司や人事部に相談して適切に処理してもらうのは復讐ではありませんね。

第三者からどちらに非があるのかを判断してもらい、非がある方にペナルティが与えられるだけです。

自分の仲のいい人に擁護してもらう方法もありますが、これだとグループ単位での報復合戦に発展する可能性があります。

ですからなるべく客観的に判断できる立場の人に相談して判断してもらいましょう。

結果的に悪口を言った人にペナルティが与えられても、相手から文句を言われる筋合いはありません。

自分が起こした行動の結果は自分で受けるしかないからです。

文句があるなら判断を下した人にどうぞ、と言うことができるので報復合戦にはなりません。

もしさらに報復されそうであればもう一度相談すればいいだけです。

仕事で相手を見返す

職場で悪口や陰口を言われる場合は、あなたをライバルだと思って蹴落とそうと考えていることがあります。

また、単純にあなたが仕事ができないと見下して馬鹿にしている場合もあります。

いずれにしても、この場合に最も効果的な復讐方法は、あなたが努力して相手を見返すことです。

悪口を言い返しても一時的にすっきりするかもしれませんが、すぐに悪口を言い返されるだけなので不毛な行為です。

それよりも悪口を言われたことをモチベーションに変えて、悪口を言った人を部下にするつもりで仕事に集中しましょう。

人は目的を持つとモチベーションが高まり、仕事もうまくいく可能性が高くなります。

悪口を言うといった復讐ではなく、自分を高めるという建設的な復讐を選びましょう。

まとめ

悪口に対する復習方法はいかがでしたか?

悪口を言って憂さを晴らしているようなレベルの低い人と同じレベルで復讐しても自分のレベルを下げるだけです。

むしろ悪口を糧にしてより成長を遂げることが、悪口を言った人に対しての最高の復讐になるでしょう。

コメントを残す