面接で前の会社の悪口を言ってもいいのか?


転職するときの会社面接で必ずと言っていいほど聞かれるのは、なぜ前の会社を退職したのかということですね。

このときに自分を正当化するために会社の悪口を言う人がいますが、それは面接では不利になるでしょうか?

それとも正直に思った通りのことを言った方がいいのでしょうか?

今回は面接で前の会社の悪口を言ってもいいのかという点について考えてみましょう。

面接で前の会社の悪口を言ってしまう理由

前の会社の悪口を面接で言ってしまうケースには、どのような場合があるでしょうか?

前の会社でトラブルがあって辞めた

最近では上場企業でもリストラがあるので、会社都合のリストラで転職する場合は前の会社の悪口は言う必要ありませんね。

また、自己都合で退職した場合も前の会社を悪く言う必要はありません。

前の会社の悪口を言いたくなるのは、トラブルが原因でやめた場合だと考えられます。

たとえば、上司と折り合いが悪くケンカをしてしまい、売り言葉に買い言葉で感情的に会社を辞めてしまった場合があります。

この場合は、自分の中では上司に悪い点があると思い込んでいることが多いので、つい悪口を言ってしまいがちです。

このようにトラブルが原因で前の会社を辞めてしまうと、客観的に見ると自分が悪い場合でも面接ではそれを隠して会社や前の上司を悪く言ってしまう人も多いでしょう。

職場環境が悪くて辞めた

退職するきっかけで多いのが職場環境が悪いという理由でしょう。

残業が多く休みもなかなか取れない割に給料が安く、残業代も付かないといった環境であれば、誰でも辞めたくなってしまうでしょう。

そのため転職先の面接でもつい愚痴を言いたくなったり、悪口を言ってしまったりというのは考えられることです。

人間関係が原因で辞めた

職場環境と同じくらい人間関係が原因で退職するケースは多いと言われています。

退職を決めるほど人間関係が悪い職場は、ハラスメントが蔓延しているような職場を想像してしまいますね。

人間関係が原因で会社を辞めざるを得なくなると、自分は被害者という意識が強くなるので、面接でも前の会社の悪口を言ってしまいます。

しかしコミュニケーションはお互いの意思の疎通という意味なので、相手だけが一方的に悪いとは言えません。

そのため、第三者から見れば前の職場の人たちだけが悪いとは考えずに、どちらにも非があるという考えをする人の方が多いでしょう。

前の会社の悪口はどう受け止められるのか

前の職場を辞めた人からすると、会社の悪いところばかり目に付くのでつい悪口を言ってしまいますが、それを聞いた面接担当者はどのように感じるのでしょうか。

自分の会社も悪く言われると感じる

普通に考えると、退職した会社の悪口を言う人が自社に勤務してまた辞めることになったら、同じように自分の会社の悪口を言うのではないかと思うのが人情ですね。

少なくても一度会社を退職した実績があるというのは間違いないので、退職理由は面接担当者にとっては重要なポイントです。

中途採用をする会社は即戦力を求めていることが多いので、実力があることはもちろんですが、周囲と上手くやっていく協調性も求めています。

協調性という点から見ると前の会社の悪口を言う人物はマイナス評価になるのは間違いありません。

マイナス思考だと思われる

前の会社の悪口を言う人は、悪口を言うことに抵抗がない性格だと判断されるかもしれません。

相手が会社とは言え悪口を言う人は、マイナス思考が強い性格だと判断することができます。

たとえ、悪口の内容が本当のことだとしても、面接官にはその判断をすることはできません。

また、悪口の内容が事実かどうかと言うことは、ほとんどどうでも良いことなのです。

問題は悪口を言うような性格や、マイナス思考であることが自社の社員としてはプラスにならないことです。

冷静さが足りないと判断する

面接の場で前の会社を退職した理由を聞かれて、そのときのことを思い出して感情的に悪口を言ってしまうと採用の可能性はほとんど無いでしょう。

なぜなら、面接という自分の人生を左右するような重要な場で、感情をコントロールできないと思われてしまうからです。

そんな人が重要な仕事を冷静にこなしていけるとは誰も思わないでしょう。

たとえ、前の会社でどんなにひどい目に遭ったとしても、面接担当者には関係の無いことですね。

面接官が判断するのは自分の会社にとってプラスになる人材かどうかという点です。

感情をコントロールできない人は、自社にとってマイナスになると考えるのは当然のことになります。

上手な退職理由の言い方

退職した理由は人によって様々ですが、どんな理由であっても再就職の面接ではプラスに捉えられることが大切です。

どのような言い方をすればプラスになるのかを考えてみましょう。

不満ではなく事実を伝える

たとえば、前の会社の職場環境が悪かったことが原因で退職したとします。

その場合はどうしても残業が多かった、休みがなかったといった不満を言ってしまいますね。

しかし、不満を面接で言っても良い印象は与えられません。

そこで、不満ではなく事実を伝えて面接官に判断してもらうというやり方をしましょう。

ただ、残業が多くて大変だったという話をするよりも、毎月100時間を超える残業が普通で、健康上の不安があったので退職したと伝えた方が説得力があります。

また、月100時間を超える残業は明らかに法律違反なので、前の会社の違法性を間接的、客観的に印象づけることもできます。

前職の会社に対する悪口を言うと、それがそのまま、貴方の性格が批判的でしかないと判断される可能性があります。

言うとすれば、仕事の進め方ですね。

転職理由を聞かれるとどうしても前の会社の悪口になってしまいます、あまり悪… – Yahoo!知恵袋

聞かれたからしょうがなく答えるという態度で話す

面接官によってはストレートに前の会社の悪いところを聞いてくる場合もあります。

そのときの答え方であなたの性格などを判断しようという考え方です。

この場合は少し演技が必要ですが、少し口ごもってから意を決して話を始めるといいでしょう。

待ってましたというような態度をとってしまうと印象は悪くなってしまいます。

前の会社の悪口を喜んで言うような常識の無いことはしないという気持ちを伝えることが大切ですね。

面接では非常識な態度が嫌われるのは、転職でなく新卒の場合でも同じです。

「前の会社を悪く言いたくはないですが」と前置きすることで、同じ悪口でも大分印象が違います。

まとめ

前の会社の悪口は原則としては言わない方が、次の就職先への印象は良くなります。

なぜなら、悪口を言うこと自体がネガティブな性格だと判断される可能性があるからです。

しかし、退職の理由は必ず聞かれてしまうことは覚悟しなければいけません。

そのため、面接の前には必ずプラス指向の理由を準備しておきましょう。

そして悪口ではなく客観的な事実、特に数字を伝えることで退職は仕方が無かったという印象を与えるといいでしょう。

くれぐれも感情的な悪口だけは言わないようにしましょう。

コメントを残す